より美しく、女性らしい魅力をアップさせるレンタルドレスの探し方を伝授!

パーティードレスの選び方

赤いドレスのウーマン

早めに予約しよう

ドレスをレンタルするときには気をつけたいのが予約をするタイミングです。前日や当日など急ぎでもドレスがレンタルできるショップも多数ありますが、できるだけ余裕を持ってドレスを探していきたいものです。最低でも一ヶ月前から準備を始めたいところでしょう。また、二、三ヶ月前から予約できるショップを利用すれば、ドレスの選択肢もより広がります。早めに予約をすることでキャンセル対応も間に合いますし、最高の一着を準備して当日を迎えることができるのです。

サイズを確認

ドレス選びで重要になるのがサイズです。いくらデザインが素敵でも、自分のサイズに合わなければ滑稽に見えますし、せっかくのドレスも台無しになります。一般的な体型の人であればサイズに苦労しないことが多いです。しかし、小さいサイズや大きいサイズが必要な人にとっては深刻な問題です。そのため、大小のサイズ展開が豊富なショップをチェックして利用するとよいでしょう。ネットショップは試着が不可ですが、ユーザーの口コミ情報がチェックできれば、サイズ感もつかみやすくなり、失敗も防げるといえます。試着がしたい場合は、実店舗のレンタルショップに足を運んで納得がいくまで探すとよいでしょう。

イメージに合うモノを

ドレスにはいろいろなタイプがあり、目的やシーンに合わせて選ぶ必要があります。例えば結婚式であれば、式場の格式や、新郎新婦との関係性によっても相応のマナーが求められます。一般的なマナーでは白系のドレスや、露出の多いタイプは避けるべきです。まずは着用する目的を最優先にしてからドレスを選ぶようにしましょう。マナーや格式を重んじながらドレスを選ぶことで、当日は恥をかくこともなく、堂々と振る舞うことができるはずです。

好みのデザインに挑戦

レンタルドレスショップには、あらゆるドレスが並んでいます。実店舗であればお店の大きさによって数に制限がありますが、ネットショップであれば膨大な数のアイテムの中から選ぶことも可能です。センスに合致するドレスを気軽に試すことができるはずです。また、ネットショップは人件費などの経費を抑えることができるため、レンタル費用も安くなる傾向があります。最先端のブランドドレスも安く借りることが可能です。会員になることでさらに割り引き価格で利用できるケースも多いのでチェックしてみましょう。

小物を合わせる

ドレスをノーアクセサリーでシンプルに着こなす場合もありますが、抜群なプロポーションが備わっていたりなど着用する人の条件によって左右されてしまいます。一般的な場合だと、ノーアクセサリーでは華やかなドレスにどうしても負けてしまいます。ドレスのインパクトが強く前面に出てしまうと、せっかくのドレスの良さも活かせなくなります。そこで、ドレス姿をさらに引き立たせるようなアクセサリーやハイヒール、バッグなどの小物をセレクトしてコーディネートすることが肝心になります。